ペットボトルの水を買いに行った話

ホームセンターにペットボトルの水を買いに行きました。

災害時、インフラが寸断された場合に水がないと困るので2リットルのペットボトルが6本入ったケースを毎月最低でも5ケースは保持していて、でもそのまま一滴も飲まずに家の中に置いておくと勿体ないですし腐らせるのもどうかと思うので、少しずつ飲みながら減った分だけを買い足しています。
それで今回は減った分の2ケースを買い足しました。
(ようするに先月は合計7ケースありました)
尚、今まで災害や異常気象で水が足りなくなったことは一度もありません。
これははっきり言って恵まれている方だと自分でも思うのですが、テレビを見ているといつ自分にも自然災害が襲ってくるか分かりません。
ですから水だけは用意しておこうと思って一定量を買いだめしています。

ただ、水を買うのは結構しんどいです。
いつも車で買いに行くのですが、買い物用カートがあるにしても店で買って家に持って帰るまで力仕事をしなければいけないシーンが何回かありますし、ペットボトルが入ったケースをカートに乗せて店内を移動するのも楽なようで実は疲れます。
重たい物を乗せると曲がりたい時に曲がることが出来ないというのか、コーナーリングにもそれなりのテクニックが必要です。
下手をすると腰を痛めます。

少々大袈裟ですが、水を買いに行くのは重労働かつ危険行為になるのでいつも気合いを入れて買いに行きます。
前回は手に持ってケースを運ぼうとすると左の親指の爪が引っかかってもう少しで爪がはがれそうになりましたし、その前は腰痛が再発しました。
水を買うというのは本当に危険です。
ですが今回は何事もなく無事に水を買うことができました。

これでしばらくは水を買いに行く必要もなくなったので一安心です。


[PR]
by yedythe | 2014-04-30 19:13


<< たまのサイクリング 2014年3月31日に おもったこと >>