好きなことを仕事にできたこと

たとえば、子供が川魚をどこからかもらってきて、それを自分の家で飼うために、図書館で魚の飼い方を調べるという行為は他の大人のたちから見ると勉強熱心な子供と映るようですが、本人にとってはその行為は勉強ではなく、魚を殺さないようにするにはどのような行動をとればいいのかを書物から探っているに過ぎないので、本人にとっては当然勉強だと思っていません。

そのような子供の行為と同様に自分の興味のあることを仕事にできた人は、文字道理に寝食を忘れて仕事の打ち込むので、仕事で成功しやすいと思います。

私の友人にも自分の好きなことを仕事にできた人は、金銭的なことよりも仕事自体が面白いから仕事に行くようです。
彼らの多くは金銭的にはそんなに報われた生活をしているわけではありませんが、自分の好きなことが仕事として毎日できるようで楽しそうです。

私も、幸運にも自分の好きなことを仕事にできたので、仕事を始めたときは仕事が面白くてしょうがなかったので、仕事ばかりしていました。

先日、友人達と久しぶりに会ったのですが、やはり彼らは学生時代と同様に毎日が楽しいと言っていました。
彼らが変わったところは、中身も外見もほとんどないように思いました。



[PR]
# by yedythe | 2014-06-13 19:06

月1回のラーメンが楽しみ

私は月に1回、必ずラーメンを食べに出かけています。

昔からラーメンが大好物で、高校時代は週に1回や2回のペースでラーメンを食べに行っていたのですが、さすがにこの年になると、体重や健康面が気になるものです。

そのため、月に1回とマイルールを作って、色々なラーメン屋さんに食べに行くようになりました。

また、カロリーの摂り過ぎや塩分の摂り過ぎを抑えるため、スープは全部飲まないように注意しています。

スープを全部飲んでいた頃は、塩分のせいで翌朝顔や手がむくんでしまうことが多かったのですが、半分程度飲むよう心がけたところ、むくみはほとんど感じなくなりました。

美味しいスープだと、最後まで綺麗に飲み干したくなってしまいますが、美容と健康のためにも我慢をしなくてはいけないですね。

お気に入りのラーメン屋さんはいくつかありますが、最近は新しい味を求めて、行ったことのないラーメン屋さんを探して出かけています。

口コミやタウン情報誌など、探す方法はたくさんありますから、評判のいいラーメン屋さん探しはとても捗りますね。

気になるところはすべてメモにしておき、順番に行くようにしているのですが、メモしたラーメン屋さんの数はどんどん増えるばかりです。


[PR]
# by yedythe | 2014-06-11 19:04

買い物を楽しんできました

この前の日曜日は、家族で買い物へ行ってきました。

子供のために夏服を買いたかったことや、食料品を買い込んで平日のお弁当づくりに役立つ食材を買っておきたかったことなどから、家族三人で車で近所のショッピングセンターへと移動しました。

買い物を家族で楽しむということは本当に楽しいことだなと思います。

一緒にアイスクリームを食べたり、軽食としてドーナツを食べたり、買い物の合間に何かを食べたりジュースを飲んだりして休憩をするのも楽しいです。

今回の買い物では、以前から欲しかった夏用の寝具やマットなどを買ったのでとてもかさばる買い物でした。

近所なので自転車でも行ける距離のショッピングセンターですが、子供を連れていることやたくさん買い物をすることを考えると車で来て本当に良かったなと思いました。

買い物をした後は家に帰って、それから近隣の祖母の家まで出かけました。

祖母の家では一緒に焼きそばを作って食べたり、ピアノを弾いて遊んだりして、子供も満足の様子でした。

特に遠出をしたわけでは無かったですが、充実していた休日で良かったです。

今度の休日には子供たちと水族館や動物園へ出かけようかなと計画を立てています。

休日をどう過ごすか考えることは、本当に楽しくて仕事のモチベーションになります。


[PR]
# by yedythe | 2014-06-08 19:11

夫の出張中の我が家

昨日、夫が出張に出かけてしまいました。

帰ってくるのは土曜日。

ちょこちょこ出張がありますが、どれも最高2泊3日だったのでこんな数日にも渡る出張は初めてのことです。

ほぼ一週間分の荷物を用意して駅まで送ったのですが、本人も「多分土曜に帰って日曜はぐったりだろうな?」と
言って出かけていきました。

もっと小さい頃は「お父さんいないとさびしいよ〜」と言っていた子供たちもさすがに小学校高学年ともなると
「え?お父さん出張なんだ〜」くらいの軽い反応。

出がけにも「いってらっしゃい」の一言もなく、送りの車の中で「もうさびしがってくれないんだな」とちょっぴり
凹みモードで行きました。

さてさて、お父さんのいない一晩を過ごして今朝になりいきなり下の子が「やっぱりお父さんいないと家の中がシーンと
静かすぎて寂しいね」と。

モーニングコールがてらそれを伝えたら「本当?」といいながらもとても嬉しそうな声が返ってきました。

一緒にいるといつも喧嘩をしてしまうのですがその喧嘩相手がいないというのもさびしいものですね。

子供だけではなく実は私もしんみりな気分。

今日はお天気が良いのですが明日からは雨が続く予報なので余計と気持ちが沈んでしまいそう。

いかんいかん、夫不在のこの家をまもらなきゃ!
でも張り切り過ぎても土曜に帰って来た時に私もぐったりしてしまうかな(苦笑)
笑顔で「お帰り!」と言ってあげられるよう頑張ります。



[PR]
# by yedythe | 2014-06-06 19:05

綺麗に部屋を掃除したこと

毎日、ありきたりの用事をこなしていると、自宅の掃除なんて滅多にやらなくなってしまいます。毎日何かに追われているので時間が空いたときにはリラックスして何もやりたくなくなってしまいます。

ところが、あまりにホコリが溜まってしまって、誰が見ても長期間掃除をしてないのが一目瞭然となってしまったので、気合いを入れて掃除をすることにしたのです。

育毛剤

その日は、日曜日だったのですが、朝早くから布団のシーツを取って洗濯し、布団をベランダに干して部屋の中の片付けを始めたのです。するとスマホが鳴るので見てみたら..友人からの電話なのです。

「今日お祭りがあるの知ってた?これから行く予定だが、一緒にどう?」

普通なら1秒以内に行くという返事をして準備に取りかかるのだが、この流れで掃除をサボると来年まで掃除をするチャンスが無くなってしまいそうだったので、断ったのです。

「掃除をしてるから..」と言ったのですが、何かの言い訳だと思ったらしく、「デート中なの?」などとしつこく聞いてくるのです。「疑うくらいなら、こっちに来て手伝って!」と言ったのです。

そして、誘惑にも負けず部屋の掃除を続行したのですが、少しして考えてみたら私の友人がお酒やおいしい食べ物などを持参して、こっちに来そうな予感がするのです。そうなる前に掃除を終わらせようとペースを高めて、集中して最後までやり遂げたのです。
[PR]
# by yedythe | 2014-06-06 11:15