甘いものなどの炭水化物は無限ループが怖いです

ここ10年間ほどは常に、炭水化物の過剰摂取には気をつけるようにしているのですが、今年に入ってからはご飯がおいしすぎて、なかなか制限がしづらくて困っています。
というのも、無理に控えようとするとその後の反動がいつもよりも激しいからです。

これまでだったら、食べ過ぎたと思ってもすぐに食生活を元に戻せば帳尻をあわすことが出来たのですが、残念ながら今の現状では全く帳尻をあわすことはできていないと思います。

この半年の間でうすうす感じていることというのがあるのです。
それは、甘いものやごはんなどの炭水化物は常習性があるということです。
例えばある日の夕飯の後に甘いデザートなどを食べるとします。
そうすると、翌日の夕飯の後もデザートがほしくなってしまうのです。
このループにはまると、なかなかそこから抜け出すことが困難なのです。

こういうことから抜け出すのに一番手っ取り早いのは、旅行などで環境を少し変化させたりすることなのですが、旅行は旅行でおいしいものの誘惑があったりと今の自分にはなかなかハードルが高いものがあります。

とりあえず、今の状態では完全に絶ち切るということは難しいので、まずは量を減らすことからはじめ、徐々に回数も減らすようにしたいと思っています。
思ってはいても、今日も少し甘いものを買いすぎてしまいました。
週に4日は運動をしているのでなんとかなってるようにも思いますが、これ以上体重に酷い変化が来ないうちになんとかしたいものです。


[PR]
by yedythe | 2014-06-23 19:32


<< 子供の弁当はキャラ弁にすべきか スポーツ観戦をすることにハマっ... >>