好きなことを仕事にできたこと

たとえば、子供が川魚をどこからかもらってきて、それを自分の家で飼うために、図書館で魚の飼い方を調べるという行為は他の大人のたちから見ると勉強熱心な子供と映るようですが、本人にとってはその行為は勉強ではなく、魚を殺さないようにするにはどのような行動をとればいいのかを書物から探っているに過ぎないので、本人にとっては当然勉強だと思っていません。

そのような子供の行為と同様に自分の興味のあることを仕事にできた人は、文字道理に寝食を忘れて仕事の打ち込むので、仕事で成功しやすいと思います。

私の友人にも自分の好きなことを仕事にできた人は、金銭的なことよりも仕事自体が面白いから仕事に行くようです。
彼らの多くは金銭的にはそんなに報われた生活をしているわけではありませんが、自分の好きなことが仕事として毎日できるようで楽しそうです。

私も、幸運にも自分の好きなことを仕事にできたので、仕事を始めたときは仕事が面白くてしょうがなかったので、仕事ばかりしていました。

先日、友人達と久しぶりに会ったのですが、やはり彼らは学生時代と同様に毎日が楽しいと言っていました。
彼らが変わったところは、中身も外見もほとんどないように思いました。



[PR]
by yedythe | 2014-06-13 19:06


<< 久しぶりに訪れた映画館。その変... 月1回のラーメンが楽しみ >>